世界の宝くじ

money01

日本人の平均的な生涯賃金はいくらかご存知ですか。
勿論景気やその人が就いている職業などによっても全く金額が違いますが、大体2億円弱となっています。
大学を卒業するのが22歳で、定年を60歳と考えると38年間働く間にそれだけ稼ぐ事が出来るという計算です。

これを多いと感じるか少ないと感じるかはその人の感覚によるところが大きいのですが、一気にこの金額を稼ぐ事が出来る訳ではないので、あまり実感が無いと感じている人も多いのではないでしょうか。

いつの時代にも億万長者と呼ばれる人はいます。
現在では様々な定義があり、言葉の意味が少々曖昧なっているところもありますが、簡単に言えば収入が多くある富裕層の事を言います。ただ現在の日本で億万長者と呼ばれる人の数はそれ程多い訳ではなく、大多数はその他の人という事になります。
では、どうすれば億万長者となることが出来るのでしょうか。

億万長者となる人は、ある行動をしているといわれています。
その一つが読書を沢山したり、運動を心がけたりして自分の質を上げる努力をしているという事です。ただこれではあまりにも漠然としているので、本当にこれだけで億万長者になることが出来るわけがないと思う人も出てくるはずです。確かに、読書と運動だけでなることが出来ればそれは凄いことかもしれません。実はその後にもまだ続きがあり、こうして自分の事を磨くことが出来る人は起業したり何か人とは違うことに挑戦するバイタリティもあります。勿論、これで100%億万長者になる事が出来るわけではありません。

ではもう少し現実味があるものは無いか考えてみましょう。
仕事をして収入を得るのではなく、もっと違う方法でお金を得る方法は無いか、そう考えた時にふと頭に浮かんでくるのが宝くじかもしれません。日本の場合もかなり1等の当選金額が高くなっているので、1億円以上をゲットするのも夢ではなくなっています。また世界の宝くじの中には日本よりももっと金額が高いものもあり、それこそミリオネアだといえるものもあります。従って、手っ取り早く億万長者になりたいと思ったら、宝くじを購入するという方法もあるでしょう。

宝くじの良いところは税金がかからないという事です。
仕事をして収入を得たとしても、そこには税金がかかってしまい、人によってはかなりの金額が減ってしまうことも珍しくありません。貯金をしたとしても、現在の利率ではそれ程増えるとは期待できないでしょう。しかし宝くじは非課税となっているので、当選金額が全て自分のものとなります。減額されてしまう事もありません。

また、宝くじは誰でも購入することが出来るものとなっているので、言い換えれば誰にでも億万長者になるチャンスがあるといってよいでしょう。実際に毎年何百人もの人が1億円以上のお金を宝くじで得ています。

億万長者になる人は、行動力があると言って良いでしょう。読書にしろ運動にしろ、自分の価値をあげるための努力を惜しまず、さらにそのために行動を起こすことが出来ます。またそういった自分磨きだけでなく、宝くじを購入するという行動をしている人もいます。どんな方法にせよ、その人自身が自分の為に動くことが出来ること、それが億万長者になる為には必要なことであり、億万長者に共通する事だとも言えるでしょう。

億万長者になりたいと思ったら、ただお金がほしいと思っているだけではなく、行動に移す事が重要です。
日本の宝くじを買うのも一つの方法で、それによって一攫千金を夢見ても良いでしょう。

ただ、世界の宝くじを買う時は少し注意が必要です。確かに配当金が高いので凄く魅力的なのですが、日本国内で世界の宝くじを購入すると違法となってしまいます。どうしても購入したいときは現地に赴いて購入し、そこで換金すれば法律上の問題はありません。

↑ PAGE TOP